Windows 8.1へのアップグレード方法


2013年10ヶつ17日より提供が開始された「Windows 8.1」は不評だったWindow8の問題点を改善した新しいバージョンである。

 

使い方は全体的に向上しているが、中でも注目は「スタートボタン」の復活や、起動時のデスクトップ表示機能だと思う。

 

この改善により、これまで慣れ親しんできたWindows7以前の操作方法に近い感覚でWindowsを楽しむことができるよになったと思う。さらに8はタッチパネル機能のないパソコンでは扱いにくい部分もあったが、8.1ではマウス中心で使用するユーザーにも操作しやすくなっている。

 

この新しいWindows 8.1の入手方法は、自分の現在使用しているWindowsのバージョン環境によって異なるが、すでに8が導入されているパソコンであれば、「Windowsストア」から簡単に無償でアップグレードできる。

 

Windows7以前のユーザーは公式サイトからダウンロード版を購入するか、パッケージ版を購入する必要がある。


※自分のWindowsが現在どのバージョンかを確認する方法は以下を参考にして欲しい。

□ Windows 8.1は8のただの修正版ではない

Window 8.1は従来のサービスパック、いわゆる全バージョン8の問題点を修正をしただけのものという位置づけではなく、メジャーバージョンアップ扱いとなっている。


つまり、新しいOSが発売されたのと同等の扱いになっている。そのためぜひWindoes 8ユーザーにはアップグレードしてもらいたい。

 OS名  内部バージョン
Vista WindowsNT ver6.0
7 WindowsNT ver6.1
8 WindowsNT ver6.2
8.1 WindowsNT ver6.3


□ Windows 8からの無償アップグレード方法

Windows 8からWindows 8.1へのアップグレードの方法は以下の通りです。

┗① スタート画面に移動して、[ストア] タイルをタップまたはクリックします。



┗② ストアを起動するとWindows 8.1へのアップデートが大きく表示されるのでこれをクリックする。



┗③ 詳細画面が開いたら、右上にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードを開始する。



┗④ 表示が変わり、ダウンロードが開始される。完了後は自動でインストールが開始される。




□ windows 7以前からの有償アップグレード方法

有償のアップグレード方法は2通りの方法がある。1つはマイクロソフトのサイトからダウンロード購入する方法だ。すぐに入手したいなら、「Windows.com」上でダウンロード版を購入しよう。


また2つ目の方法としてパソコンショップや量販店などで、以下の様なパッケージ版を購入することもできる。

▼Windows 8.1

価格¥14,490(税込)


Amazonで確認するにはコチラ

楽天で確認するにはコチラ



▼Windows 8.1 Pro

価格¥27,090(税込)


Amazonで確認するにはコチラ

楽天で確認するにはコチラ

【注意】

8.1へのアップデート時にはOSにより引き継げるデータが異なる!!

既存のOSに8.1を上書きインストールする場合、基本的に個人用ファイルは保持されるが、Windowsの設定やアプリなどが消えてしまう場合がある。なお、Vista以前のOSではクリーンインストールが必須となるので、必ずバックアップを取ってからインストール作業を行おう。以下にOSと保持できるものをまとめた。
OS 保持できるもの
8

▼Windowsストアでアップデートした場合

OS設定/個人用ファイル/ほとんどのアプリ

▼その他の方法でアップグレードした場合

個人用ファイル

RT OS設定/個人用ファイル/ほとんどのアプリ
7

個人用ファイル

(アプリの再インストールが必要)

Vista

なし

(クリーンインストールが必須)

 XP

なし

(クリーンインストールが必須) 

上記の表のとおり、OSによって保持できるものが異なってくる。事前にバックアップをしておこう。