Windows 8.1の標準機能でファイルを圧縮する


Windows 8.1の標準機能を使って、ファイルを圧縮する方法を紹介する。標準機能の場合はmエクスプローラーの「リボンUI」から手軽に行うことができる。また複数のファイルをまとめて選択し、一つのファイルに圧縮することも可能である。

 

しかし作成できる圧縮ファイルは「Zip」形式のみなのでお忘れなく。

 

 

□ 圧縮する方法

┗① エクスプローラーで圧縮したいファイルをすべて選択し、リボンUIの「共有」メニューを開く。すると「Zip」と言う項目が表示されるので、これをクリックする。



┗② これだけでZipファイルが作成される。

標準機能の場合は、元ファイルと同じ場所に圧縮フィルが作成され、元ファイルの先頭の名前が、圧縮ファイルの名前として自動で付けらるれ。