スタート画面を飛ばして起動する


 スタート画面とは左のタイルが並ぶWindows 8.1の特徴的な画面のこと。これはもともとタブレットなどのタッチ操作での利便性を考慮して作成されたものである。

 

そのため、マウスとキーボードでのデスクトップ画面がメインであるユーザーにとっては、使いにくいこともある。

 

購入時の初期設定では起動後に必ずスタート画面が表示されるようになっているため、スタート画面後、左下の「デスクトップ」のタイルをクリックしてからデスクトップ画面を表示するという厄介な作業が必要になっているだろう。

 

そこで、ここでは「コントロールパネル」からスタート画面をスキップして起動するように変更し、邪魔なスタート画面を経由しない設定方法を紹介する。デスクトップがメインのユーザーにはオススメの設定になるだろう。